【解決】車の花粉と黄砂 対策は? 春はこまめな洗車が一番大切な理由

解決 車の花粉と黄砂 対策は 春はこまめな洗車が一番大切な理由
  • URLをコピーしました!

こんにちは。ラッコ。(rakko_s5050 )です。

花粉症の人

花粉がつらい~

花粉や黄砂が多く舞う春は車にとっても注意が必要な季節です。

特に屋外駐車をされている方は、洗車をしてもすぐに汚れてしまう、花粉や黄砂対策はどうすれば?シミになってしまったら?とお悩みではないでしょうか。

花粉と黄砂、どちらも厄介なものですが、外を走る車にとってどうしても避けられないものです。

ですが、ある程度の知識と事前に対策をうっておくことで、誰でも簡単に花粉や黄砂の付着を最小限にし、愛車を花粉や黄砂から守ることができます。

結論から言うと、「まめに洗車をする」のが一番の対策となります。

そんな単純なこと?って思う人もいると思います。でも花粉と黄砂は放っておくと取返しのつかないことになりかねないのです。

この記事では次の事項について説明していきます。

前半部分では花粉と黄砂が車に及ぼす影響や対策と対処方法、後半部分では一番の事前対策である洗車方法をお伝えしていきます。

この記事の内容

  1. 花粉と黄砂の違い、ボディに与える影響
  2. 事前対策とシミになってしまった場合の対処方法
  3. シャンプー洗車の手順

記事を読むことで、花粉や黄砂の多い春でも車をキレイに保つコツが分かります。悩んでいる方はぜひ最後までお読みいただければと思います。

シャンプー洗車の手順はちらから

スポンサーリンク
目次

花粉の特徴と車に及ぼす影響

  • 黄色っぽい汚れで粘り気がある
  • 雨や夜露で濡れると「ペクチン」という成分が溶け出し、塗装表面に吸着、乾燥するとシミになる
  • 「ペクチン」は塗装面に浸食し、場合によってボディの腐食につながる
  • 付着したまま放置しておくとシミが全体にできて洗車では落とせなくなる

黄砂の特徴と車に及ぼす影響

  • 白っぽい汚れ
  • ザラザラとした感触でボディに付着すると傷がつきやすく、塗装にダメージを与えてしまう
  • 砂や鋭利な大きめの粒子のため、間違った方法で洗車をすると傷だらけになってしまうこともある
  • 無機質成分で雨が降って固着し乾くとスケール(シミ)汚れになる

花粉、黄砂の対策は?

雨が降る前に洗車する

ボディについただけではシミになりにくいですが、雨が降ったり夜露に濡れることでシミにつながるので、
雨が降る前に洗車で洗い流しておくのが一番です。

とはいえ、どうしても雨に濡れてしまうことは避けられないことがあるでしょう。その場合はできる限り早めに洗車をする必要があります。

自分で洗車をすることが難しい場合は、この時期だけでも信頼できる業者、ディーラーやガソリンスタンドに手洗い洗車を依頼するのもひとつの手です。

ラッコ。

洗車機はおすすめできません


特に黄砂が張り付いている状態のまま洗車機を使用するとボディ全体に無数の傷がついてしまう恐れがあります。

こまめに洗車する (洗車頻度をあげる)

花粉や黄砂が固着する前に洗い流すことが大切です。

春は特に洗車頻度を上げたほうが良いでしょう。1回の洗車時間を短く、回数はできれば週1回程度に増やすのが理想です。

洗車の際は、シャンプー前に高圧洗浄機を使って、たっぷり水を使ってまず表面の汚れを洗い流してから、
洗浄力に優れた泡立ちの良いシャンプーで力を入れずに優しく洗い落とす
のがポイントです。

花粉シミになってしまった場合の対処方法

研磨はしないこと

花粉シミは水染み、雨染みよりやや大きいサイズです。シミを取ろうと思って研磨をしても取れないばかりか、
ボディに傷を入れてしまう原因になります。

研磨をするのはシミを除去してからにしましょう。

お湯をかける

ケトル

シミの原因である「ペクチン」は熱に弱い性質を持っているので、塗装面にお湯をかけることにより、シミを浮き出させることが可能です。

手順は次の通りです。

  1. ルーフやボンネットのシミを確認
  2. マイクロファイバークロスを敷いて、その上からお湯をかけ、塗装を熱する
  3. お湯に浸したクロスで軽くなじませるようにする

お湯の温度は、ペクチンが分解されるのが60-70度なので80度くらいが良いです。

ヤカンなどで沸かしたお湯であれば、5分程度おけばすぐに冷めますので問題ありません。

作業するのは太陽の熱が利用できる、日が出ている時間帯が望ましいです。

夏まで待つ

真夏の炎天下であれば熱でペクチンが分解されるのでシミはなくなります。いっそ放置しておいて夏まで待つのも一つの手です。

とはいえ、シミがある状態ではコーティングもできませんので、今すぐシミを取り除きたい場合はお湯をかけるのが一番です。

シミができる前にこまめに洗車をするのが大切ということですね。

スポンサーリンク

シャンプー洗車の手順

花粉、黄砂対策にはこまめに洗車をしたほうが良いとお伝えしました。

春に適した基本的なシャンプー洗車の手順を紹介します。

3月上旬、2週間洗車をしていないとボンネットがこのような状況になっていました。

雨には降られていませんが、基本、平日の日中は屋外駐車をしています。

花粉のついたボンネット

【STEP 1】洗車道具を準備する

  • バケツ
  • カーシャンプー
  • マイクロファイバークロス

バケツはグリッドガードつきを選ぶ

バケツは花粉の硬い汚れがタオルに付着するのを防ぐためグリッドガードつきのものが好ましいです。

グリッドガードとは

バケツの底部分に入れるプラスチック製の網。入れておくとクロスやスポンジに付着した砂や泥、
小石が網の下に分離、クロスをバケツの中に入れてもそれらが再付着するリスクを軽減でき、ボディに傷がつくのを防止できる。

グリッドガード

洗浄力の強いシャンプーを選ぶ

花粉は油汚れのため洗浄力の強いシャンプーを使用します。

特に花粉シミが付着している場合は、ワックスやコーティング成分が残っていると花粉シミが落としにくいので
洗浄力の強いシャンプーを使い脱脂(ボディの油分を除去する作業)まで行います。

シャンプーは、ながら洗車「脱脂&マルチクリーナー Degreasing Shampoo」を使用します。

脱脂シャンプー

洗車をするだけで脱脂や頑固な泥汚れや虫汚れに対応するマルチクリーナーとしても使えます。

別記事で商品レビューをしていますのでよろしければ参照ください。2022年9月下旬再販予定となっています。

【STEP 2】カーシャンプーを泡立てておく

バケツに適量のシャンプーを入れて水を注ぎ、十分泡立てておきます。

脱脂シャンプーで泡立てる

【STEP 3】高圧洗浄機で車全体に水をかける

シャンプー洗車をする前に高圧洗浄機でたっぷりの水を使い、できる限り表面の花粉、黄砂を洗い流しましょう。

高圧洗浄機で水をかける

【STEP 4】カーシャンプーで洗う

シャンプーにたっぷり浸したマイクロファイバークロスで表面を力を入れずに撫でるように優しく洗います。

脱脂洗車

【STEP 5】拭き上げ作業

固く絞ったタオルで水拭きし、乾拭きして仕上げます。

ボディ水拭き
拭き上げはしっかりと

水滴が残っていると水道水に含まれるミネラル分がシミとなってしまいます。たとえ純水の場合でも、花粉時期には花粉が水に濡れるとシミになるので拭き上げをしておいたほうが良いでしょう。

大判タオルを使う場合、万が一花粉がボディに残っていた場合に花粉を引きづってしまい傷がついてしまう
リスクがあるため、小さなタオルで水拭きしてから使うと良いでしょう。

【STEP 6】研磨・コーティング施工

花粉シミがない状態であることを確認し、必要に応じて研磨作業、コーティング施工します。

まとめ

要点を整理します。

  • 花粉は雨や夜露で濡れると「ペクチン」が溶け出し、乾燥するとシミになる
  • そのまま放置しておくと洗車では落とせなくなるので要注意
  • 黄砂は砂や鋭利な大きめの粒子のため間違った方法で洗車すると傷のリスクに
  • 雨が降って固着するとシミ汚れになるので要注意
  • 対策として、できるだけ雨が降る前に洗車、他の季節よりこまめな洗車を心がけること
  • 花粉シミになってしまったら研磨はしないこと、お湯をかけると落とすことができる
  • 場合によっては夏まで待って自然に落ちるのを待つのもアリ
  • シャンプー洗車は洗浄力の強いものを使い、優しくこすること

いかがでしたでしょうか。

花粉、黄砂はやっかいなもので、愛車への付着はどうしても避けられないものではありますが、
ある程度の対策で愛車へのダメージを減らすことができます。

春はいつも以上にこまめな洗車を意識して、キレイな車を維持、快適なカーライフを楽しんでいきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

解決 車の花粉と黄砂 対策は 春はこまめな洗車が一番大切な理由

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次