【簡単】誰でもできる下地処理 【ながら洗車】BASE 商品レビュー

簡単誰でもできる下地処理 ながら洗車BASE感想レビュー
  • URLをコピーしました!

こんにちは。ラッコ。(rakko_s5050 )です。

車を長期間キレイに維持するには定期的な下地処理(リセット)が必要

車には水垢などの油汚れ、水シミ雨染みなど、さまざまな汚れがつくし、爪傷などの線傷が入ります。

水シミ雨染みを放置すると、イオンデポジット、そしてウォータースポットとなり物理的に塗装が凹み、溶剤では落とせなくなってしまいます。

そのような状態になる前、水シミ雨染みが付き始めた時点で、定期的なリセット磨きをし、軽度なうちに除去しておくことが重要です。

ながら洗車】BASEを使えば、手軽に安全に、ボディを削る心配なく、水シミ雨染みを除去、下地処理ができます。

塗装より柔らかい微粒子研磨剤なので塗装面を削る心配がなく、小傷を埋め、同時にコーティングを行える万能な商品です。

こんな悩みを解決できます
  • 下地処理って大変そう。
  • コンパウンドで磨くとボディを削ってしまいそう。
  • 酸性のクリーナーを使うのは人体に影響があるので怖い。

簡単に下地処理をしたい方、ボディの水シミ雨染み、小傷に悩んでいる方は、『BASE』 がどんなものか一度知って頂きたいです。

きっと悩みを解決してくれることでしょう。

ながら洗車】 BASE (購入の際には、販売元・公式店舗名:『ながら洗車』 をご確認ください)

スポンサーリンク
目次

ながら洗車 『BASE』  購入の経緯

BASE

コーティング施工前に下地処理が必要とは聞いていたものの、下地処理というと大がかりな作業のイメージでとても自分でやろうとは思えませんでした。

実際に労力と時間を要するもので、やり方を間違えると失敗にもつながる、大変な作業です。

そのような下地処理の大変なイメージを打ち破ってくれたのが、『BASE』になります。

誰でも簡単に失敗なく施工できるように開発されたもので、これを使えば軽度な水シミ雨染みを除去、小傷を埋めてくれる。その上、同時にコーティングまでしてくれる。」

YouTubeながら洗車チャンネルの動画説明書より引用)

まさにその通りです。

僕の車はドアノブまわりの爪傷や、ボディが黒のためちょっとカバンで擦ったような小傷が目立ち、洗車のたびに気になっていました。

でも、コンパウンドを使う気にはならず、ずっと放置状態…。

そんなとき『BASE』と出会いました。

【ながら洗車】BASE  商品概要

ベースとアプリケーター

下地処理と同時にコーティングができる、シリコーンレジン配合の滑水性下地クリーナーです。

特長 塗装を傷めず、シミが除去できる

  • 車の塗装より柔らかい研磨剤とクリーナー成分を配合、塗装を傷めず水シミ・雨染みの除去が可能。
  • 危険性のある酸性クリーナーを使わなくても、洗車では取り切れない水シミ・雨染みをある程度除去できる。
  • コンパウンドで磨かなくても小傷を埋めることができる。

基本的な使い方

ベースをマイクロファイバーに塗布します

1パネル毎の施工。手順は次の通りです。

  1. 洗車後、水滴を拭き取ったボディに、固く絞ったマイクロファイバー、またはマイクロファイバーアプリケーターに適量を塗布する。
  2. 塗り伸ばしながら磨いていく。
  3. 別のマイクロファイバーで余分な成分を拭き上げする。
  4. 目立った小傷や水垢には乾いたマイクロファイバーに塗布し、重点的に点で磨いていく。

商品内容 容量は2種類

ベース比較

容量120ml 350ml の2種類があります。

BASE 120ml
  • BASE 120ml本体
  • マイクロファイバー ライトグリーン(エッジレス)40cm×40cm
  • マイクロファイバー 薄紫(エッジレス)40cm×40cm
  • 商品説明書(カラー)
BASE 350ml
  • BASE 350ml本体
  • マイクロファイバーアプリケーター (サプライズ品として入っていました)
  • 商品説明書(カラー)
ながら洗車 ベース

簡単な下地処理で、艶と弾きを両立。小傷が見えにくくなる。

滑水性下地クリーナーBASEで磨く

施工により次のような効果を得ることができます。

下地処理が簡単になる

洗車後の水道水に含まれるミネラル成分が原因で発生するイオンデポジット(無機質汚れ)のシミは、中性のカーシャンプーを使った洗車では落とすことができません。

イオンデポジット(スケール)を放置しておくと、くぼんでシミが浸透し、塗装が陥没、やがてクレーターとなってしまいます。

そして雨により水分が付着、太陽光によるレンズ効果で塗装が焼けてさらにくぼみ、ウォータースポットへ変化します。

ウォータースポットになると溶剤では取れなくなるので、イオンデポジットや軽度なウォータースポットのうちに除去することが必要です。

除去には、REBOOTなどの酸性ケミカル(クリーナー)や研磨力の強いコンパウンドが有効となります。

ただし次の点に注意します。

酸性ケミカルやコンパウンドの注意点
  • 酸性ケミカルは人体に悪影響を与えるので、使用には手袋・マスク・保護メガネの装備が必要となり注意がいる。
  • コンパウンドは粉が出るので車にマスキングをする対策がいる。

下地処理は大変です

下地処理では通常次の工程が必要となります。

  1. 脱脂作業(脱脂洗車)
  2. 鉄粉除去
  3. 水シミ(スケール汚れ)除去 【酸性クリーナー使用】
  4. 油分除去 【油分除去剤使用】
  5. 磨き作業【コンパウンド使用】
  6. 脱脂洗車(コンパウンドの粉を除去するため)
  7. コーティング施工(必ずしも必要でないが塗装を守り、ワックスのノリを良くするのに効果的。)

上記の通り大変な作業ですが、『BASE』を使うことにより、酸性クリーナーや油分除去剤は使わず、磨き後の脱脂洗車も必要ありません

そして全てが専用品と同等とまではいかなくとも、それに近いクオリティでバランス良く仕上げることができます。

誰でも安全に時短で、かつ高いクオリティで下地処理を完結できるのです。

作業手順につきましては、宜しければ、【超絶簡単!】 誰でもできる 車のコーティング施工前 下地処理 を参照ください。

滑水性コーティングで艶と弾きが両立できる

脱脂洗車後、『BASE』施工したボディ

下地処理剤でありながら十分な艶と撥水が得られます。

小傷が見えにくくなる

ドアノブまわりの爪傷や枝でひっかいたような線傷、洗車傷は簡単に目立たなくすることが可能です。

実際に傷を消しているのではなく、塗装面を平面に整え、シリコーンレジンを隙間に配合。埋めることにより太陽光の乱反射を防ぎ、傷を見えにくくしています。

ドアノブ内側の爪傷を磨いてみました。

ラッコ。

う~ん、こんなに傷が。自分だけが乗っているわけではないので、きっとまたつくでしょう。でもまた消せばいい。『BASE』と出会えてよかった。

ヘッドライトの施工で黄ばみ・くすみが取れる

ボディだけでなくヘッドライトの施工で黄ばみや曇りを解消することができます。

実際に黄ばみが出ていた車両のヘッドライトを5~10分程度簡単に磨いただけでクリアになりました。

そちらの様子は【簡単】車のヘッドライト 黄ばみ・曇りが取れる  原因と対処方法は? に記載していますので宜しければ参照ください。

人と車に優しい

安心・安全です。

  • 人に優しい:肌に害がない中性溶剤のため安心、手についても洗えば問題なし。
  • 車に優しい:多少樹脂についても影響がなく、ボディのマスキングは必要なし。塗装より柔らかい微粒子研磨剤だからボディを削る心配がない。高頻度で施工しても大丈夫。ガラスコーティングは落とさない。
  • 時短でできる:ほとんど粉が出ないので、施工後も脱脂をすることなく、そのまま上からコーティング施工ができる。

樹脂について白くなってしまったら?

樹脂についても影響はないけど、結構白くなってしまうことがあります。

そのようなときは、同じ【ながら洗車】商品の【ながら洗車】影(シャドウ)を厚塗りして、上から【ながら洗車】ファストガラスを塗って閉じ込める、と効果的です。

【ながら洗車】影(シャドウ)は洗車後、汚れ・小傷・水シミ雨染みを取りながらコーティングができるクイックディテーラーです。

クイックディテーラーとは

洗車後、汚れを取りながらコーティングができるメンテナンス剤。

シャドウ

ワックス施工前の下地処理に最適 

ワックス

他車と艶で圧倒的な差をつけたいときワックス施工が効果的です。

ただし、ワックス施工の前にきちんと下地処理をして塗装面を均一化できるかどうかによって、ワックスのノリに差がでます。

下地処理では前述したとおり、水シミなどのスケールをきちんと落としていきます。

『BASE』で塗装面を平面にし、シリコーンレジンで均一化してからワックスを塗り込みます。

『BASE』で簡単リセットし、いろんなワックスを楽しむ

いろいろな種類のワックスを持ってる人ならば、『BASE』でワックスを簡単にリセットした後、別のワックスを楽しむと良いでしょう。

【ながら洗車】BASE 口コミ

口コミ

レビューでは次のような評価があります。

  • 下地処理からコーティングまでの施工工程が楽。
  • 失敗がなく誰でも簡単に安心して使用できる。
  • 爪傷や洗車傷が目立たなくなった。
  • 施工後は水弾きが良くなり艶も結構出た。

反面、以下のようなコメントもあります。

  • コスパが悪い。
  • 期待していたほど傷がなくならない。(爪が引っかかる深い傷は消えない。)
  • 拭き取りが重い、悪くなかなか取れない。
  • ゴムの隙間、樹脂など乾いた後白く残る。

実際に使用してみて良かったこと・メリット

メリット

使ってみて感じたメリットです。

  • 誰でも簡単に安全に下地処理ができる。
  • 失敗するリスクがほぼない。
  • 下地処理と同時にシリコンレジンベースのコーティングができる。
  • 塗装を削る心配がなく、高頻度で施工可能。
  • 滑水性の水弾きと艶が得られる。
  • 油汚れ(洗車では落とせない汚れ、ピッチタール、水垢)をある程度除去できる。
  • 軽度のスケール汚れ(水シミ・雨染み)を除去できる。
  • 小傷を埋めて目立たなくできる。
  • コーティング剤を重ね塗りできる。
  • ガラスコーティングの上から施工可能。
  • ヘッドライトの黄ばみが簡単に取れる。
  • メッキの水シミが簡単に取れる。

ながら洗車商品共通のメリット

  • 商品の使い方はカラー印刷の詳細な説明書が同封されている上、YouTube動画の説明書で解説されており分かりやすい。
  • 30日間品質保証。そして万全なサポート体制。
  • 公式LINEアカウントで洗車やコーティングの悩みなどを気軽に相談、万が一の不良品の際にも対応。

愛車を長くキレイに維持していくためには定期的な下地処理が必要ということ。

そのことを理解していても大変な作業だと続きません。

誰でも簡単に安全にできるという点は非常に大きいと思っています。

メッキにも効果絶大

ラッコ。

ドアノブまわりの爪傷や小傷が簡単に取ることができたのは感動もの。

フロントグリルのメッキ部分、水道水が乾いてシミになってしまったのですが、こちらもちょっと『BASE 』で擦るだけで簡単に落ちました。

デメリット

デメリット

反対に感じたデメリットです。

  • 価格が高い。
  • 人によってはコスパが悪いと感じる。
  • 単体の施工では防汚性がそれほど高くない。
  • ガラス面、ゴムには使えない。
  • 樹脂につくと白くなることがある。
  • 手磨きだと施工がやや大変。

防汚性に関しては上面により防汚性に優れたコーティング剤

コーティング剤 プラズマコーティングα

を施工することで解消できます。

手磨きだとわりと重労働でコンパクトカーの施工でも最初は時間がかかってしまいました。ポリッシャーで磨くと便利です。

【ながら洗車】BASE 感想

率直な感想です。

ラッコ。

ハードルの高かった下地処理が誰でも簡単に安心してできるのは非常に大きなこと。

軽い傷なら全く目立たなくなるし、『BASE』のみの施工でも水弾きや艶は下地処理剤とは思えないほどの効果が得られています。

深い傷を消せないのはデメリットではない

価格は120ml : 3,900円程度、350ml :7,000円 程度 と決して安くはなく、また深い傷を見えなくすることはできませんが…、次のように考えています。

  • それほどコスパが悪いとは感じていない。
  • クレーターとなり塗装が凹んでいるもの、深い傷には効果がないのをデメリットとは感じていない。

理由は『BASE』を次のように考えているからです。

  • 毎回洗車の度に使うものではなく、通常の使用頻度は下地処理とコーティングの3ヵ月~半年に1回程度と考えるから。
  • たまに軽度の傷落としに使うと考える、塗装より柔らかく削りすぎないという特性、これが「安心感」でもあり「メリット」と考えるから。

しつこいシミは取れません。より深い傷やしつこいシミはもっと研磨力の強いコンパウンドで磨くことが必要です。

コーティングやワックス施工前の下地処理、誰でも定期的に安心して楽しくできる。その用途では最高の商品だと思っています。

最後にムラのチェックはすべき

ラッコ。

施工性に関しては確かに少し疲れますね。

個人差がありますが、僕の車はコンパクトカーにも関わらず、洗車から『BASE』施工完了まで4時間程度かかったことがあります。

これは乾式施工(ボディ・アプリケーターともに乾いた状態)でかなり丁寧にやってのことですが、アプリケーターを濡らして行えば、若干研磨力は下がるものの施工性が良く、手際良く終わらせることが可能です。

いずれの場合も拭き取れず残ってしまう部分があるので、最後にムラのチェックはすべきと考えます。

そして樹脂が白くなってしまうことがあるので、施工の際に樹脂にかからないよう注意が必要と感じています。

【ながら洗車】BASE こんな人におすすめ

次のような方におすすめです。

  • 定期的に下地処理をしてキレイに維持したい方。
  • 下地処理初心者で失敗したくない方。
  • 爪傷や洗車傷などが気になる方。
  • ボディやメッキの水シミ雨染みが気になる方。
  • ヘッドライトの黄ばみ、曇りを簡単に解消したい方。

まとめ 『BASE』は誰でも簡単に、楽しく下地処理ができる最高の商品

下地処理は愛車をキレイにしていく上で重要な作業です。

塗装面が凸凹していると、せっかくコーティングを乗せてもしっかり定着しません。キレイな艶を出すことも難しいでしょう。

そこで塗装面を平らに整える必要があります。

とは言うものの、その下地処理、僕は『BASE』がなければ今でもできていないかも知れません。

『BASE』は「大変、素人にはできない」とった下地処理の大変なイメージを180度変えてくれました。

なお、下地処理をするときには『BASE』と合わせて、簡単に脱脂ができる【ながら洗車】脱脂シャンプー を持っておくと大変便利です。僕はこの2つはリピート購入していて常に手元に持っておくようにしています。

ぜひ一度手にして頂き、下地処理にチェレンジしてみてはいかがでしょうか。

ながら洗車】 BASE (購入の際には、販売元・公式店舗名:『ながら洗車』 をご確認ください)

【ながら洗車】脱脂シャンプー は次のリンクからご参照ください。

【ながら洗車 脱脂&マルチクリーナー】感想レビュー 人気カーシャンプー Degreasing Shampoo これ一本でOK!

Youtubeながら洗車チャンネルの動画説明書は下記のリンクから。

BASEの説明書

BASEの説明書~実践編~

最後までお読み頂きありがとうございました。

簡単誰でもできる下地処理 ながら洗車BASE感想レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次