【マンション住まい必見】洗車はどこで?どうしてる? キレイを維持するための簡単な方法・コツ

マンション住まい必見 洗車はどこで?どうしてる?
  • URLをコピーしました!

こんにちは。ラッコ。(rakko_s5050 )です。

大切な愛車、長く乗りたいですよね。長持ちさせるためにも、こまめなメンテナンスは欠かせません。

まめに洗車をはじめとしたお手入れをすることによって、キレイな状態を維持することができ、何より自分自身が気持ちよく愛車に乗ることができます。

マンション住まいの人

マンション住まいなんだけど、洗車はどうしたらいい?

マンションやアパート住まいの方、こんな悩みはないでしょうか?

洗車スペース付きであれば良いのですが、そのようなマンションは少ないのが現状。スペースがあったとしても他の人が使用中だと思うように使えません。

通常マンションやアパートだと、そもそも洗車に必要な水道やホースの確保ができませんね。

でも工夫次第で愛車をキレイに維持することは可能です。

本記事では、マンションやアパート住まいの方に適したお手入れのやり方やコツをお伝えしていきます。

僕は15年以上マンション生活をしています。決して恵まれない環境の中でも、どうやったら愛車をキレイにしていけるか試行錯誤中です。

その過程も含め、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
目次

洗車道具、グッズをそろえる

カーシャンプー

洗車をするには道具がないとはじまりませんね。

カー用品店やamazonなどの通販ショップで様々な種類のグッズを簡単に揃えることができます。

まず洗車バケツ、カーシャンプー、マイクロファイバークロスなどは欠かせないでしょう。

車内清掃のためのグッズもたくさんあります。迷ってしまうくらい多くの種類がありますね。

最初から揃えておくべきもの・あれば便利なもの

洗車道具

外装のお手入れにおすすめなのは、バケツ、カーシャンプー、洗車タオル(マイクロファイバークロス)やスポンジ、ニトリルグローブがあげられます。

普通のシャンプー洗車をするのであればこれだけで大丈夫ですが、「コーティングもしたい!」「タイヤもキレイにしたい!」となればもう少し他のものも準備できると良いです。

僕が普段から使用している中で、おすすめしたい道具があります。いずれもカー用品店や、amazonなど通販で簡単に購入できるものです。

興味がありましたらぜひ次の記事を参考にしてください。

【洗車場ユーザー必見!】おすすめ洗車道具17選

車内お掃除グッズも必要

コロコロ

外装だけに気を取られがちではありますが、車内も意外に汚れがたまりやすいものです。

シートやダッシュボード、フロアマットなど、「あまり汚れていないな」と、そのままにしていると実は目に見えにくい汚れが蓄積していきます。

車内清掃は毎回それほど時間をかけなくても、普段から簡単なお掃除をしておくだけでキレイに保つことができるので定期的にやっていきましょう!

お手入れグッズは、カー用品店やホームセンターで手に入るクリーナーやクロスがあれば十分です。

【初心者必見】車内のおすすめ便利グッズ5選 手軽に簡単に車内清掃!でもおすすめグッズを紹介しているので宜しければ参考にしてください。

高圧洗浄機が使える最寄りのコイン洗車場・屋内セルフ洗車場を見つける

洗車場で施工

マンションやアパート住まいだと自宅でホースを使って大量の水で洗車することはできません。

例えホースがあったとしても自由に使うことはできないし、近隣さんの目も気になるでしょう。

特に春先で大量の花粉が積もっているときや、高速走行後で虫が付着しているとき、砂や汚れが大量に蓄積しているときはもちろんのこと、定期的にしっかり水をかけて洗車をすることが、ボディへの傷付き防止のためにも大切です。

そこで十分な水量を使えるコイン洗車場で洗車するのをおすすめします。

遠くだと往復に時間がかかり大変なので、できるだけ近くのコイン洗車場を見つけておきましょう。

コイン洗車場での洗車は要領良く行う

洗車ガン

洗車場には高圧洗浄機がありますので、それを使ってボディの汚れやホコリを吹き飛ばしてから、カーシャンプーで洗車をすることがボディへの傷つきリスクを軽減します。

洗車場での洗車は、自由に水を使える時間が限られているので、テキパキと要領よく作業をしないといけません。

作業の流れをシミレーション

はじめて洗車場で洗車する場合、作業の流れについてあらかじめシミレーションしておくのがおすすめです。

ざっくりな手順としては下記の通りです。

  1. タイヤ・ホイールの洗浄。
  2. 洗車コース選択後コインを投入。
  3. 高圧洗浄機を使ってホコリや汚れをよく落とす。
  4. カーシャンプーで洗い、よくすすぐ。
  5. 最後に拭き上げ。

お金を入れたら時間制限が発生するので、その場で迷ったり考えてしまうと焦って間に合わなくなります。

予め手順を頭に入れておくと良いでしょう。

【コツ】洗車場での手洗い洗車 初心者でも簡単にできる方法 手順を解説! を読んでいただくと予習になるので、宜しければ実際に作業する前に参考にして頂ければ幸いです。

洗車場ではルールを守る

ルール

洗車場は公共施設のためルールを守る必要があります。

洗車場へ行く前に作業手順と、必要な情報をあらかじめ調べておけば、洗車場へ行ってから迷うことなく、安心して出掛けることができます。

お目当ての洗車場が見つかったら、営業時間や料金などを調べておきます。

そして、洗車場のルールについて今一度心に留めておきましょう。当たり前のことですが、お金を払わないで水だけ使ったり、洗車以外で車を止めることはしてはいけません。

洗車場によっては粗大ゴミが捨てられていたり、マナーが守られていないこともしばしばあります。

ルールが守られていないと洗車場の閉鎖や減少にもつながってしまいます。

皆が気持ち良く利用できるようルールを守っていきましょう。

必見!【これだけはやってはいけない】 初めてのコイン洗車場で守るべきマナー11選
を読んで頂ければ、洗車場へ行く前に知っておくべきことやルールについて詳しく確認頂けます。

セルフ洗車場 の紹介

下記記事では、セルフ洗車場の紹介をしています。宜しければチェック頂き、お近くであればぜひ足を運んでみてください。

保管場所(駐車場)はできるだけ直射日光を避ける

マンション駐車場

太陽の紫外線は車のゴム、樹脂パーツの寿命を縮め、ヘッドライトの黄ばみやくもりの原因にもなります。もし選べるのならできるだけ陽の当らない区画を希望するとよいでしょう。

屋根がある場所や機械式立体駐車場の下段を選ぶなどして、青空駐車はできるだけ避けたいです。

とはいえ、現実的には青空駐車しか選べないことも多いと思います。その場合は、塗装面を守るためコーティングの施工やボディカバーをかけておくことを検討しましょう。

定期的な洗車、コーティングをしておく

泡洗車

キレイな車を維持していくためには汚れを蓄積させないことが大切です。

定期的な洗車は汚れの蓄積を最小限にし、コーティングを施工しておけば、汚れの付着を軽減し、紫外線からボディを守ることができます。

手洗い洗車をしましょう

洗車といってもいろんな方法があります。

洗車の方法
  • 自分で手洗いする。
  • ガソリンスタンドやお店で手洗いしてもらう。
  • 洗車機にかける。

初心者でも自分で手洗い洗車をするのがおすすめです。なぜなら、次のようなメリットが得られるからです。

手洗い洗車のメリット
  • 細かい部分まで自分の気が済むまで洗える。
  • 車の状態(変化)を把握でき、トラブル防止につながる。
  • 車に愛着がわき、事故防止につながる。

【おすすめ】手洗い洗車 自分でやることの3つのメリット でも詳しく解説していますので宜しければ参照ください。

洗車前の注意ポイント

ポイント

自分で手洗い洗車をする上で、注意することはありますか?

事前に知っておいたほうが良いポイントがあります。

洗車注意ポイント
  • いつ? 夏場は炎天下を避け、曇りの日か早朝、または夕方、風の弱い日に作業する。
  • どこで? 自宅で作業できる方は自宅で、できない方は洗車場で作業する。
  • 準備は?バケツ、シャンプー、タオルは必須。
  • 収納は?道具・グッズの収納は工夫する。
  • 頻度は?おすすめ頻度は2週間~月1回

【簡単】初心者はこれだけでOK! 洗車前の注意点5選 にてこれらのポイントについて詳しくお伝えしています。

洗車前の準備を万全にしておくことで初心者でも安心して洗車を行うことができます。

ボディの艶弾きを得るなら簡易コーティング

コーティング

簡単でおすすめなのは、簡易コーティング剤の施工です。

コーティングのメリット
  • ボディに艶を与えるだけでなく、塗装面に被膜を形成することによって、ボディを紫外線、汚れやホコリから保護する。
  • 施工後は汚れがつきにくくなり、日常の洗車を簡単に済ますことができる。

ただし、ここで注意点。

コーティング剤を繰り返し施工するのはNG

コーティング剤の上についた汚れやシミを除去することなくコーティングを重ねていくと、汚れやシミが取りづらくなってしまいます。

  • コーティング施工前に古いコーティング剤を取り除く(リセットする)下地処理が重要
  • 下地処理の有無はコーティングの効果に影響する。

この下地処理、作業手順は次の通りですが、非常に労力と時間のかかる作業です。

  1. 洗車
  2. 鉄粉除去
  3. 磨き作業 シリカスケール(水シミ、水垢などの無機質汚れ)除去
  4. 洗車(研磨剤除去のため)
  5. 脱脂作業

この手順だととっても大変。
そこで初心者でも簡単にできる手順があります。

  1. 脱脂洗車(脱脂までできるシャンプーを使って洗車)
  2. 鉄粉除去
  3. 磨き作業

この方法であればすごく簡単になります。労力、時間が大幅に軽減でき、下地処理のハードルが下がります。

誰でも簡単に行うことができます。結果、定期的な下地処理で愛車をキレイに維持することができます。

【超絶簡単!】 誰でもできる 車のコーティング施工前 下地処理 にて手順を詳細に説明しています。下地処理、手を抜かずしっかりやっていきましょう。

タイヤ・ホイールは最も汚れるパーツ。足元も忘れずに。

tire wash

タイヤ、ホイールは地面に一番近く最も汚れているパーツです。

洗車をしてボディがピカピカでもタイヤが泥まみれだったり、ホイールがブレーキダストで黒ずんでいては、せっかくのピカピカボディが台無しですよね。

オイルやブレーキダストなどの汚れを放置するとゴムが変質し、タイヤを傷めてしまうことになりかねません。

タイヤ・ホイールは最初に洗う

洗車をするときボディは上から下にかけて洗うのが基本です。ですが、タイヤ・ホイールは最初に洗います。

タイヤ・ホイールなどボディの下回りは他の部分に比べて汚れがひどくなりがちです。

  • ボディ洗浄後にタイヤ・ホイールを洗うと、せっかくキレイにしたボディに汚れが飛び跳ねてしまい、もう一度ボディを洗うことになってしまう。
  • タイヤ・ホイールをキレイにしてからボディを洗っても、タイヤ・ホイールにボディの汚れがついてしまうことがある。

上記の理由から、タイヤ・ホイールは最後にもう1回仕上げをしてキレイにしていきます。

順番としては、次の手順で行うと良いでしょう。

  1. タイヤ・ホイールを洗う。
  2. ボディを上から下にかけて洗う。
  3. タイヤ・ホイールの仕上げ洗いをする。

タイヤ・ホイールの洗い方

洗車場では次の手順で洗っています。(僕が実践している一例です。)

  1. タイヤの洗浄
  2. ホイール・キャリパーの鉄粉除去
  3. ホイールの洗浄
  4. ブラシを使ってタイヤ・ホイールを手洗い
  5. すすぎ(洗車)
  6. 拭き上げ(ボディ)
  7. ホイールの撥水コーティング
  8. タイヤワックスで仕上げ

詳しい方法については、【コツ】コイン洗車場ユーザー向け タイヤ・ホイールを洗う方法 に記述していますので宜しければ参照ください。

ラッコ。

タイヤはキレイにするだけでなく、定期的(月1程度)は空気圧チェックも忘れずに。ガソリンスタンドで短時間でチェックできますよ。

窓ガラスは常にキレイに。視界を確保し安全運転。

ウロコ

梅雨シーズン、そして夏はゲリラ豪雨も多いですよね。

雨の中運転することは当然ありますが、そんな中視界が悪いと大変キケンです。安全のためにも視界はクリアにしておきたいですね。

窓ガラスの油膜汚れとウロコ汚れ

油膜、ウロコ汚れとは?また違いは何でしょうか。

  • 油膜:乾いた状態で分からないが、水拭きすると確認できるシミのようなもの。
  • ウロコ:乾いた状態でも確認できる白いシミのような跡。

雨や夜間走行時、窓ガラスがギラギラして前が良く見えない、なんてことがあれば油膜が原因です。

これがやっかいなことに洗車や水拭きでは落とすことができません

そしてウロコ汚れ。これは油膜が積み重なって進行したものです。ほおっておくとどんどん厚みを増して取りにくくなり、これもまた洗って落ちるものではありません。

油膜汚れの原因は主に次の通りです。走っているだけで油膜は少しずつ、ついていきます。

油膜がつく主な原因
  • 大気中の排気ガス。
  • 雨で溶け、流れ落ちて劣化したコーティング剤やワックス。
  • 他の車が跳ね上げた道路の油分が含まれた水。
  • 雨に含まれる大気中の油汚れ。

そこで油膜除去剤を使い、ウロコを研磨剤を塗り込み削り落とすことで、窓ガラスをキレイにしていきます。

ガラスの下地処理

油膜や劣化した撥水剤を放置したまま、上から撥水コーティングをしてしまうのはよくありません。

劣化した撥水剤は油膜となってしまい、その上から被膜を重ねることにより油膜や汚れを閉じ込めてしまいます。

そうすると十分な撥水効果が得られないばかりか、塗れば塗るほど見えにくくなってしまいます。

油膜をしっかり除去、キレイにリセットし、下地を整えてから撥水剤を塗り込むのが重要です。

実際に洗車場で油膜とウロコ除去をし、窓ガラス全面をキレイにしていきました。詳しい内容は、

【簡単】車の窓ガラス 油膜とウロコ除去、撥水コーティング 【ながら洗車】 ガラスポリッシュ/スプラッシュ&リムーバーで定期的なメンテナンス を参照頂けたら幸いです。

車内やエンジンルームなど普段目につかない箇所の定期的なお掃除

車内掃除

外装に比べて車内のお掃除頻度は意外と少ない人が多いかと思います。目立たないので気がつきにくいですが実は結構汚れているものです。

そこで車内お掃除グッズの紹介をします。定期的に簡単なお掃除をしていればある程度キレイに保つことができます。

忙しい人

どんな方法でお掃除すれば良いの?あまり時間をかけずに簡単にお掃除したいのだけど…

ラッコ。

僕も時間をかけたくありません。「これなら効率的にできる」という方法をお伝えしますので、参考にして頂けると嬉しいです。

シートのお手入れ

シートベルト

吸引力のある家庭用の掃除機を使うのがベストですが、時間や場所が取れないときは粘着クリーナー(コロコロ)が便利。

そして水拭き、さらにクリーナーでお手入れするとキレイに仕上がります。

シートベルトも意外に汚れがついているのでこまめに拭き掃除をしておきましょう。

ダッシュボード、コンソールなどの樹脂部分のお手入れ

ダッシュボード拭き掃除

普段は固く絞ったマイクロファイバークロスで拭き上げるだけで十分キレイになります。

たまにクリーナーを吹きかけたクロスで拭き上げるとより気持ち良く仕上がります!

詳しくは【簡単】車内清掃のやり方・コツ おすすめ便利グッズで手軽にお掃除 を参考にしてください。

フロアマットは最も汚れている

フロアマット

車内でも特に足元、フロアマットは汚れこそ目立ちませんが、最も汚れているところです。

「お手入れの仕方がよくわからない」という人も多いと思います。そこでマンション住まいの人でも簡単にできる洗い方を紹介します。

フロアマットの洗浄は、乾燥に時間がかかるので天気が良い日に行うこと。

準備に特別なものはいりません。次のものがあれば十分です。

準備するもの
  • 布団たたき
  • 掃除機
  • 食器用中性洗剤(油汚れを落とせる食器用洗剤が最適です)
  • 衣類用柔軟剤
  • ブラシ(洗車ブラシや使い古しの歯ブラシなど)

作業手順です。

  1. フロアマットを天日干し。
  2. 布団たたきでゴミやホコリを落とす。
  3. 掃除機でゴミやホコリを吸い取る。
  4. フロアマットの汚れを洗い流して洗剤で洗う。
  5. 完全に乾燥させる。

ここで重要なのは、フロアマットは完全に乾かしてから車に戻すことです。

ラッコ。

生乾きの状態で車に戻してしまうと臭いやカビを発生させる原因になるので注意してください。

特にアパート、マンション住まいの方は、時短でできるフロアマットの洗い方がおすすめです。

【簡単】30分でできる! 愛車のフロアマットの洗い方 丸ごと水洗い!アパート、マンション住まいでもできる方法にて紹介していますので、宜しければ参考にしてください。

定期的に作業をすることで車内の足元をクリーンに保てるかと思います!

エンジンルームを定期的にチェックする

エンジンルームお掃除

エンジンルーム。普段見えないところなので「掃除の必要なし」と考えている人、したことがない人も多いかも知れませんね。

でもエンジンルームは完全に密閉されているわけではなく、掃除をしていなければ汚れがどんどん蓄積していってホコリまみれになってしまいます。

ラッコ。

少し手間をかけるだけで簡単にキレイにすることができ、このように違いがハッキリ分かるので達成感がありますよ。

エンジンルーム ビフォーアフター

次のものを準備します。

準備するもの
  • バケツ
  • マイクロファイバークロス数枚(使い古し)
  • 艶出し剤
  • ハケ・使い古しの歯ブラシ
  • 軍手・ニトリル手袋

作業手順です。

  1. ハケを使って表面のホコリ、汚れを落とす。
  2. 乾いたクロスで乾拭きする。
  3. 固く絞ったクロスで水拭きする。
  4. 艶出し剤の塗り込みをする。
  5. 乾拭きで最終仕上げをする。

水洗いしてもいいのかな?

こう思う人いるのではないでしょうか?

ホースを使って水洗いを行えば、もっと細かい箇所までキレイにすることができるかも知れません。

もし水洗いをするのなら次の点に注意します。

水洗いの注意点
  • 水を苦手とする箇所をしっかりと養生する。
  • 作業終了後にエンジンルーム内を完全に乾燥させる。

非常に手間と時間がかかる上、素人が水をかけるのはリスクがあることです。

水を使わなくても、クロスで拭いたり、艶出し剤を塗り込むことで見える部分、手の届く範囲はある程度キレイにすることができます。僕はそれで十分ではないかと考えます。

【簡単】1時間でできる!エンジンルームのお掃除方法 マンション住まいでも水を使わずにできるやり方にて、詳細の手順以外に注意点やお手入れ頻度を説明しています。

「エンジンルームのお掃除をやってみよう。」という方は参考にして頂ければ幸いです。

まとめ

マンションやアパート住まいでも簡単に愛車をキレイにしていける方法、コツはあるものです。

クルマ好き、洗車好きであればきっと屋根つきガレージには憧れるでしょう。もちろん僕も憧れています。

マンション、アパート住まいの場合、戸建てで自宅にカーポートやガレージ等、洗車スペースが確保されているのに比べたら、確かに不便なことは多いですが工夫次第で愛車をキレイに維持することは十分可能です。

もちろん完璧にキレイにするには、もっとやることがたくさんありますが、当然それだけ労力、時間、そしてお金がかかります。

そこそこ満足できるレベルでキレイを保てれば良いのではないでしょうか。

無理せず、ゆるく、楽しく、定期的なメンテナンスを継続して、キレイな愛車を維持していきましょう。

それでは良い洗車ライフを。

最後までお読み頂きありがとうございました。

マンション住まい必見 洗車はどこで?どうしてる?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次